2016-01-19

かみくだいてみました

こんばんは。
最近シンクロが多くておもしろ〜いな美陽子です。

いよいよ寒くなってきました。
そして風邪をひきました。
寒いのはとても苦手なのですが、この冬の寒さはとても好きです。
(どっちやねん。でもそうなんです。表現が難しい。)

さて、2014年10月、イギリスロンドンで開催されたSpiritual Anatomy®第一回プラクティショナーコースが、私にとって初めてのセミナー参加だったのですが、、、

そのときにmomoyoさんが話されたことの中で、
ずーっとわからなかったんだけど、1年たってわかった!
と思ったものがあります。

その言葉とは。
「全部才能に変わる」

家で食事をしたら、食器の洗い物が出ますよね。
私はいつも、食器の洗い物があると、気になって気になってしょうがなくて、洗っていました。
でも、「なんで私がいつも洗わなきゃいけないの」と思ってイライラしていました。
いつもではないんだけど、イライラしちゃうときは明らかにイライラしていました。
そんなときは食器をガチャガチャ、フライパンをガタンガタンと大きな音を立てて洗っていました。
(いやーね…近づきたくないわね…)

でもある日突然、思いました。
「あれ、洗い物に気づいちゃう私、これって…才能じゃない?

私、きれいにしたいんだって気づいたんです。

気になるから洗い物するんだけど、でもなんで自分がやらなきゃいけないんだ!てイライラしていたのに、
イライラしている理由はみんなやってくれないからだと思っていたのに。

「あ、私、きれいにしたいんだ」て思ったら、イライラしなくなりました。

イライラの理由を外に求めていたし、そうだ!と思い込んでいたんですが、
私がほんとうはどうしたいのかがわかったのでイライラしなくなりました。

私が洗い物をする。
なにも変わっていないのに、とってもハッピーに。
何が変わったかといえば、私自身でした。

よく考えてみると、
逆にみんなが洗い物してくれたらイライラしないかというと、、、
今度は「ちゃんと洗えてるんだろうか」って心配しちゃうんですね。
異様に気になる。
以前洗い物をしている姿を見た時、大雑把な姿をみているからそう思ってしまうんですね。
あれ、ちゃんと洗剤落とせてないんじゃない…!?
見てしまったワンシーン。
つのる不安。

洗ってほしいくせに、洗ってもらうとちゃんと洗えてるか心配になる。
勝手ですね。

今では、洗い物をみつけると、見つけた自分のことを「きゃ♡才能発揮しちゃった♡」なんて思って洗い物をしています。
それはそれはもう、ずいぶん楽になりました。

イライラして、だからといってそのまま洗い物をせずに放っておけば楽かというと、それも違う。
じゃあ、「なんで私ばっかり洗わなかんの!」とは言ったら楽かというとそれも違う。
それを言ってハッピーな気持ちになるなら言いたいけれど、私の中にある傷ついた自分がも〜騒いで騒いでとても言えたもんじゃありません。

「気持ちをわかってもらえない」っていう自分がいるんですね、私の中にね。
それがイライラ〜としたときにはムクムクと上がってきます。
だから戦いが起こっています。それが思考と結びつくとものすごくすごく厄介な事になります。
自分で収拾がつけられない。

でも、ちゃんと付けられるようになりました。

基準は、自分が一番気持ちがいいこと。

自分が心地よい環境をつくること。

一番は、内側の環境を整える事。

ちゃんと自分の気持ちをみてあげること。

今となっては、「全部才能に変わる」の前後関係が思い出せないので真意とは違うかもしれませんが、「あれ、これって才能かも!」と思った瞬間、自分のなかでピターッとはまったので、お話してみました。

私だから感じる事。
私はそれを、以前とは比べものにならないくらい愛しています。
私は、私が私である事を喜べることを、すごく幸せな事だと感じています。

「私がこう思う理由はあーでこーでなんたらかんたらギーギーギーギー!」…と猛烈にやっていた時期もありましたが、
それも全て私が私を大事すぎて、私を守るためにやっていたのでした。
それが自分を守る方法だったんですね。
エゴをもてあましていたともいえます。
エゴの取り扱い方が今とはほんとうに違っていました。

それもいい。そういう時もある。それもすっごく必要だった。
でもこっちのがも〜〜〜〜っといい!

きりんさんがすきです、でもゾウさんのほうがも〜〜っと好きです!
(↑を思い出しました。知っている人だけわかる)

今は、気になる事がでてきたら、「私だから気付けるんだ」って思うんです。

私は気になるのに、他の人はそれを見ても気にしない。気にならない。
それにイライライラ〜としていたこともあったけど、
「これって才能かも!」と気付いてからは、私も気にしてなかった時期もあったなって事思い出しました。
わざと気にしてないんじゃなくて、気にならなかった。
ただそれだけだったと。

キー!となっていたときは、そんなことを思う余裕はありませんでした。

自分の中のお部屋が広くなって、いろいろなものが見やすくなったみたいです。

今日も読んでいただいてありがとうございました。
読みづらくてごめんなさい。
(私はちょっと読みづらいです。悲)

ではでは。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA