2017-11-27

旅立ち、思い出の日々

美陽子です。

かわいいぽぽが昨日、旅立ちました。

推定16歳。

2016年4月、保健所で見かけて、頭から離れなくなったあの日から
ずっと、ぽぽは毎日私の中にいました。

一日たりとも、あのこのことを思わなかった日はなく
毎日とびきりかわいい。
そんなぽぽでした。

そんな存在がいなくなってしまって、
やばいくらいさみしいです。

あの子がなくなった途端、家にいるときの感覚が変わってしまいました。
いつもいく部屋に、違和感を覚える。
いつもいく洗面所が別の場所のよう。

いつもぽぽのことを意識して生活していたからか。
ぽぽがいない日々は全く別のもののようです。

お世話になった病院、お世話になった人、ぽぽのことを知ってくれている人に、
少しずつお礼を言いながら、気持ちを整理しています。
とりとめもない思いをきいてもらって、とても助かります。
こうして整理していくのですね・・・ありがたい。

出会いも一度。

別れも一度。

その間を紡ぐなにげなくて、日常で、あたりまえなしあわせな日々。

出会った瞬間から、別れの瞬間まで、経験させてもらったすべてのものは

ほんとうにたからものです。

今日父と妹と3人でぽぽを火葬場へ連れて行って、お別れをした帰り道、

食事をしようとレストランに寄りました。

まだ時間がはやかったので、コメダ珈琲によってコーヒーをのみながら、
ぽぽをはじめて見たとき写真(保健所に収容されている時の写真)を
見ていました。

あ~そうや~こんなふうやったなぁ
不安げやね
まるっとしててかわいい~
6号(檻の番号)にいたんだよねぇ・・

そんな会話をして、時間になったのでレストランへ。

通された席に座って、妹が一言

「このテーブル、6番や」

テーブルの隅に置かれていたお会計の札が、6番でした。

その瞬間、
「あぁ、ぽーがうちらをここに連れてきてくれたんやなぁ。ぽーからのメッセージやなぁ」
一瞬で感じてしまった。

この感覚は、なんとも言葉で言い表しにくい。
以前まろ(かわいいチワワ。17歳で旅立ち)を火葬場に連れていった時の、
部屋を出る瞬間にまろからとんできた透明な「ありがとう」の声のときとよく似ている。
100%安心できる存在

目の前にいなくても、目に見えなくても。

目の前にいたぽぽはとても痩せて、弱々しくて、でも力強い、でもとてもつらそうな姿。

けれど、すごく大きな愛なんですね。
目にみえなくなったあのこは。

あれは今月のはじめだったか。
ぽぽと会話をしました。

おなじところから来てる。
私に愛を伝えるそのために来てる。
ここ(この世、地球)は愛を忘れがちだから、思い出せるよう、そのため来た。
そして先に帰るからね。

ぽぽはこれを一瞬で伝えてくれました。

感動も、哀愁もなく、なにげない会話だという感じで。

でも私はえらく感動してしまって、
やせほそった老犬を涙目で「そうか~~~(涙)」と星空の下で抱きしめたものです。

あのときの感覚と、
今日の6番の感覚、
そしてまろの透明な言葉をキャッチしたときの感覚。

すべて同じ感覚です。

不思議な感覚。教えてくれてありがとう。
忘れているけど、こうして教えてもらうと思い出す。
この感覚をつかうんだねぇ・・・

ぽー、ありがとうね。
私はほんとうにあなたからもらったものがたくさんある。
それはたからもの。

ほんとうによくがんばったね。
ぽーちゃんほんとうにすごい。
しあわせな時間をありがとう。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA