2016-09-22

自分の人生を否定していたなんて

この写真が撮れた時、ゲラゲラ笑いました。ぽぽちゃんかわいすぎる〜。

さて突然ですが、

多分わたしは、ずっと意味を探していました。

人生の意味。

今日ハッとしたことがありました。

SA®︎のトレーニングのため訪れていたロンドンから帰国し、約10日ぶりに出社しました。

昨夜、「明日一日、ハートを開いて過ごしてみようかな」と思っていたのとは裏腹に、

ハートが開いていないガチガチの自分に何度も気付いた。

その自分がなんとこわばっていることか。

一方でその不自然な自分を感じる楽しさ。

そして帰り際、ズドンと目の前に現れた壁。

いつもの壁。

でも感じました。

「いつもくるな、この壁。

いつもこの自分にぶち当たるなぁ。」

夕食をとりながらそのことについて考えていたら、突然ある事に気付きました。

人生って…。

私って、「自分にできないことをやらなきゃいけない」てことからものすごく逃げたいんだ。
「私にはできない。でも、やらなきゃいけない。」

⬆️これこれこれ。

これから逃げたくて仕方がないんです。

そしたら、逃げたらいい、と思うでしょう?

でも逃げないんです。

ここがね〜〜〜〜〜。

選択してるんですよね。私が。

このテーマを生きると。

そうです。人生はチャレンジ。

この5年間、これじゃない、別の何かを探して、目の前の人生から逃げていた。

・なんで私なんだ。

・どうしてこの家に生まれてきてしまったんだろう。

・なんで妹じゃなくて私なの。

・なんで私ばかり。

・普通の家の人が羨ましい(⏪うらやましい出ました!)

ぐわーと出てくる。

私の人生を否定する、私。

お先真っ暗。アーメン。

そう。

私は、自分の人生を否定し続けていました。

もちろん四六時中じゃない。

でも、この感覚ははっきりとある。

これは見たくないから普段は見ない。でも、見ざるをえないシーンがやってくるんですね〜事あるごとに。

自分の人生から逃げたくて仕方がない感覚。

でもそんな感覚、悲しいなぁ

あれ?

人生って、なんのためにあるの?

私には、大好きでたまらない感覚があります。

それは、嫌いなものが好きになる感覚。

いややなーと思っていたのに、好きになる感覚。

なんてことないものだったのに、興味が出てくる感覚。

私が否定して逃げたくて仕方がない自分の人生。見ないまま逃げたら、見えないままだ。

人生に意味なんてなくて、魂が歩むと決めた人生が、ただそこにあるだけなんです。

究極、(でもないか、)逃げても、逃げなくても、どちらでもいい。

上っ面じゃなくて、もっともっと深いところの人生の意味を知ろう。

上っ面にいると、大事なものを見失う。見えなくする。

この世と同じで。

怖くてたまらない感覚を抱いて、今日は寝ます。

ちゃんと抱かないと、逃げていってしまうのね。この感覚。
すぐに、ささーっと。

現れるとワタワタして、隠れるとその存在を忘れる。

見れる時にしか、見れないんです。
そして、見れたときにしか癒せない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA