2016-11-28

がんばってもほめてもらえない

こんばんは。

今日は突然自分の思い込みに出会ったので、シェアします。

日々自分が気になる些細なことはありませんか?

私はいくつもあります。

そこに自分の「思い込み」がおちています。

思い込みをみつけるためには
自分はなにが気になるのか、を認識することがスタート。

私はある人の笑い声をきくと無性にイライラする、という症状に悩まされていました。
無性にイライラする。

今日は、そんな私をつかまえて、「ねぇ、なんで?」とききました。
なにがそんなにいやなの?
なににそんなにイライラするの?

するとごにょごにょ言います。
意外なことも話してくれました。

そのあと、突然、ばーん!と思い込みに出会う出来事が起こりました。
その出来事とは、「父親がその人のことを褒めた」

その瞬間、自分のなかではっきりと、

「え?そんなことくらいで褒めてもらえるの?」という感覚が生まれ、フリーズ。

直後、

「がんばってもほめてもらえない」

がバーンと出てきました。

魚が釣れる瞬間てしっていますか?
グイーッ!と竿が海の中に引き込まれます。

ヒットーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

まさにそんな感じでした。

父にいろいろ言われるのがいやで、
先回りしてろいろなことをしておいたり、
緻密に考えたりするようになっていた。

そうすることで、
父にゴタゴタいわれなくてすむ、と
あたまではそう思っていた。

でも、もっとおくのところに、
やってもやってもほめてもらえない、
という私がおっこちていた。

私はどこかで、
えらいね、すごいね、よくやったね、と
言ってもらいたかった。

それは物悲しい感覚で。

でもそんな感覚ずっと忘れていたよ。

まだこうして書いていてもからだのまんなか辺りがふるえます。

感激するような感覚もあります。
いろんな感覚が入り混じっています。

またひとつ、自分のパーツをみつけて、ひろったようです。

無意識の感覚をひろってみませんか。
それはそれはうつくしいパーツ。
透明で、虹色に輝いている。

これをみつけられない状態と比較しますと、
見える世界が変わっているのに気づきます。

みつけるまえとみつけたあとでは、
「私」が変わるんです。

これはよい経験ができました。
今日はごほうびですね。
でももっと深くいけそうな気がします。

そうそう、今朝は体が軽くて、
もっともっと走れそうだと思うくらい軽やかに走れました。
目的地についてしまうんだけど、もっと走りたいなぁと思うくらい。

お味噌汁のおかげかな笑
身体がよろこんでいるのが覿面によくわかりますから。

なんか身体がよろこぶことをしてあげられている気がします。

こういうこともきっと、とっても大事です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA