2016-07-04

学びの完結

大変ご無沙汰していました。

前回のブログ更新が4月26日。

今日は7月、4日になりましたね。

この間、私はブログを更新できずにおりました。

気になっていましたが、言葉がでてこない。しっくりこない。

中途半端な気がして、言葉は出したくありませんでした。

ようやく言葉がでてきてくれたので、こうしてブログを書いています。

さて、最近の私はなにをしていたかといいますと、イギリスより来日されたMomoyoさんのイベントに参加しておりました。

6月24日  講演会(お手伝い)
6月25日 ワークショップ「スピリチュアルに美」(お手伝い)
6月26日 「スピリチュアルコンサルテーション」
6月29、30日 ドラゴンアチューメント、個人セッション(お手伝い)
7月2、3日 合同勉強会

約2週間、大阪と岐阜を行ったり来たり。

イベントとイベントの間は、岐阜で仕事をしていました。

この、イベントとイベントのはざま。
なんだか不思議な気持ちでお仕事していました。

この感覚をちゃんと言葉にしたほうがいいな。

この間5分。みっちりその感覚を感じていました。

表現すると、「頭が取り変わっているかんじ」

同じ場所にいるんです。いつもの仕事場です。
けれど、感じるものがまるっと変わってしまっている、とでも言いましょうか。

これを表現したら、「頭が取り変わっているかんじ」

変わったのは環境ではなく、「自分の中の自分のいるばしょ」が変わったのですね。

自分というわくがあったら、その中を丸い私(ぽわんと光っているたまのイメージ)が移動する、そんなイメージ。

さて、本日のタイトル「学びの完結」

ここには説明がいります。

この2週間、私はSpiritual Anatomy®を、いろんな角度から学ぶ機会をもらいました。

講演会という場で、そして、「美」のテーマで、「仕事」のテーマで、そして、ダイレクトに「勉強会」で。

昨日終了した、2日間かけて行われた合同勉強会。
ここで学びが完結しました。
いろいろな角度から学んだSA®が、私の中で最終2日間の勉強会をもってピタピター!とくっつき、はまりました。

私は帰りの道すがら、ほんとうに楽しかった!という気持ちが内側から溢れてきました。

勉強会に参加している間、ものすごくたくさんの学びがあったんです。
それはもうシャワーのような学びでした。
浴び続けるんです。学びを。
そして何度も私の中で花火が炸裂しているようでした。

勉強会では常にノートをとっているのですが、その花火(私の中から湧き上がってくる感覚)が何度も炸裂し、その度にすみっこにかきとめていました。
Momoyoさんの話をききながら、感激した瞬間。それも、かきとめつづけました。
常に自分と会話をしているようでした。

耳からはMomoyoさんの声、そして、内側からは、私のこえ。
内側がつねに動きまくって、反応しつづけていました。

この学びの中に身をおくと、めちゃくちゃ心地がいい。
なんなんでしょうこれは。
この私に出会う快感は。

体感とともに深まる学び。

終わりのない学び。
そう、私たちの学びにおわりはない。
そこに人生がある限り。

けれど、「学びの完結」という感覚も湧いてきたんですね。

いまのわたしのなかで、これ以上の学びはないくらい学べたんです。
いまのわたしの天井をつきぬけるギリギリのところまで学んだという感じなんです。

この感激はずっと続くものではないですね。
でも、この感覚を体感できたことが宝です。
そして、この体感がもたらしてくれた、これからのセッションが楽しみで仕方がないワクワク、そして、自分と出会い続けるこの人生を送れていること、なんたる幸せ!という感動は、今の私がもらえた最大のギフトです。

「COCOROカレッジの一員になりたい」

アプレンティスになる前に私のなかに湧き上がっていたこの気持ち。
この2週間をかけて、たいへんブラッシュアップされました。

COCOROカレッジは、みんなでつくりあげるもの。

わたしたちは学びつづける。
カレッジという学び場で。
そして、人生という学び場で。

わたしたちは出会い続ける。
潜在意識のなかのわたしに。
そして、そのさきのほんとうのわたしに。
人生をかけて。

わたしたちの人生の目的は、「学び続ける不完全な私を完全にする」ことではありません。
人生をかけて、ほんとうのわたしに出会い、
人生をかけて、私を表現しつづける。
人生をかけて、私に出会い続ける。

人間のしくみをまなび、ほんとうのわたしとのアクセスをする。
そして、自分の光をつかって、ほんとうのわたしとのアクセスをサポートする。
そんな仲間が育つ場所、それがCOCOROカレッジだと感じています。

私は、不完全です。
不完全でありつづけるから、楽しすぎるんです。学び続けられるから。
完全なら、人生は必要ありません。

学び続けられる人生がこんなに楽しいなんで、いままで感じたことがなかったよ。

これも、明日からの仕事がはじまったら、自分のなかの自分のいるばしょが変わる感覚を覚えるでしょう。
でも私たちは常に動いている。ほんとうの私と、潜在意識と、意識を。
動き続けているんです。それがまさに、生きているということ。

けれどもう知ってしまったので、自分というわくなかで、丸いわたしをナビゲートしたいとおもいます。
簡単やないんですこれがまた。でも簡単じゃないから本当におもしろいんです。

今日はここまで。
読んでいただきまして本当にありがとうございました。

ではでは〜

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA